MENU

鈴木建装


当社で使用している塗料の詳細はこちら➡  外壁  屋根  木部
屋根塗装工事

屋根は日差し・風雨・紫外線など常にダメージを受け年数とともに劣化していきます。そのためサビ・コケ・塗装の剥離などが発生しやすくなり、いずれ建物に深刻なダメージを及ぼします。
そのような問題を防ぐために定期的なメンテナンスをして下さい。

【トタン屋根・ガルバリウム鋼板】
一般的に使われる屋根です。 塗装の劣化による剥がれ、錆など目にはつかないですが秋田のような雪国では屋根に深刻なダメージが蓄積されます。
当社おすすめ雪国対応塗料の スーパーシリコンハイブリッドとスーパークリスタルルーフペイントを是非どうぞ!

【コロニアル屋根】
コロニアル屋根塗装は、トラブルが多く注意が必要です。 外壁よりも紫外線の影響がつよく、雨も直接あたる過酷な場所です。
■藻やコケの発生 年数がたつとよく発生しているお宅があります。 見栄えも悪くこのときに塗装の依頼をされるお客様が多いです。
■鉄部の劣化 コロニアル屋根というのはもちろん鉄部もあります。10年程度経っていれば錆ている可能性も考えられます。 塗装の際の注意点 塗装をすると屋根材の重なり部分が塗料で詰まり、雨水が上方向に上ってしまう毛細管現象や、突き合わせ部の隙間から入った雨水の逃げ場がないため、塗料の詰まりの部分をカッターなどで切り込みを入れて隙間を作ってあげることを縁切りといいます。 現在はタスペーサーという縁起りの部材を重なり部分に差し込んで隙間を大きくしてから塗装するという方法が一般的です。

塗装をする職人さんは腕がよくても塗料についての知識が不足している職人さんも多くいます。 当社ではそのようなことを防ぐため勉強会の開催や工程表、仕様書を厳守するよう教育しています。

【当社おすすめ塗料】
関西ペイントさんのスーパーシリコンハイブリッドと県内最速導入のスーパークリスタルルーフペイント。この塗料は秋田の厳しい冬場の環境から屋根を守ります。 さらにこの塗料を塗ったお客様からは『屋根に雪が積もらなくなった。』と、たくさんのお声をいただいております。 スーパーシリコンハイブリッドは大体10年程度、スーパークリスタルルーフペイントは約15年持つと言われております。 屋根が錆びる前に早めの点検を。 御見積、診断も無料です。 ぜひ当社にお任せ下さい!


外壁塗装工事


外壁塗装と簡単にいいますが、外壁にはたくさんの種類があります。窯業系サイディング、鉄板サイディング、モルタル等一つ一つ塗料や施工方法が違います。 そして業者選びを失敗する方が多いのがこの外壁塗装です。基本的には外壁塗装の場合3回塗りが基本となってます。 その中でも一番重要といっていいのが下地処理と下塗りです。この作業をおろそかにすると、どんな高級な上塗り塗料を使用しても意味がありません。

【モルタル外壁】
セメントと砂を混ぜ合わせた外壁。 このモルタルの中からもさまざまな壁の種類があります。 築年数によっては、塗装する必要がないアルミサッシの窓などではなく、木部や鉄部が多く使われてるのでその分塗装が必要になってきます。


【窯業系サイディング外壁】

おもに横にボードが張ってある外壁。目地やアルミサッシの窓周りには、「シーリング」というゴム状のものでふさがれていますが、紫外線などの影響でひび割れてきて、築10年ほど経った家の場合では、ほぼすべての家にこのシーリングの劣化が見受けられます。 作業と価格 シーリング(コーキング)を交換すると、その分の費用が掛かってきます。サイディングが出始めた当時はメンテナンスが必要がないと言う触れ込みだったらしいのですが、実際にはモルタル外壁にはないシーリングの交換が発生するので、その分余計な費用が掛かってしまいます。 シーリングの劣化を放置しておくと中に水が入り塗装ではどうにもなりません。


【鉄板サイディング】
非常に軽量で断熱性、耐火性にも優れています。金属ならではのモダンなデザインが特徴ですが、鉄なので外壁にはサビが発生したり、釘が浮いていることもあります。劣化が激しい場合、サビが進行して穴が開いていたり、下地の木部が腐食している場合もあります。


【ACLボード】

主原料は、セメント、生石灰、発泡剤のアルミ粉末です。60cmのパネル幅に、10~15cmの厚みのある外壁パネルで、防音・保温に優れており、三階建 てや四階建て、マンションの外壁によく使用されます。
サイディング外壁と同じようにボードが 貼ってありますが、こちらは縦です。パネル自体の破損はあまりおこらないので、目地シーリングを交換、ボルトの爆裂の修復がメインになってきます。塗料 は、防水効果よりも汚れやカビに強い塗料の方がよいでしょう。